家の外壁塗装業者の選び方を知ろう【トラブルを防ごう】

地域に密着した塗装業者

塗装

相見積もりで比較する箇所

外壁塗装は家を長持ちさせる効果があります。塗装に使う塗料なども改良が進んでいて外壁塗装の効果が高くなっているので、ある程度の年月が経過したら外壁塗装をした方がよいのです。また家の外観を美しく保てますし、塗装の色を変えることでイメージを一新できます。外壁塗装を業者に依頼する時には、お住まいの地域の業者を選ぶようにします。例えば宇都宮に住んでいるなら、宇都宮周辺の塗装業者に工事を依頼するのです。なぜかというと地域によって気候が違うからです。宇都宮は内陸にあるので夏は暑く冬は雪や木枯らしが吹き付けます。地域に密着した塗装業者は、そのような気候に合わせた塗装を行うことができます。外壁塗装が必要なのは築10年が経過した家です。または壁に小さなクラックができている場合も必要です。小さなクラックでも放置しておくと壁の内部の防水シートが破れ、雨水が浸水してしまいます。業者を選ぶ時には相見積もりをするのが常識です。宇都宮なら地元の業者を数社選んで、見積もりを出させます。それを比較する時には料金だけでなく、塗装箇所をチェックします。特に外壁塗装の場合は雨戸や2階のバルコニーの床なども対象に入っているかどうか確認します。見積もり書の段階で確認しないと、契約してからでは追加工事になって料金が高くなります。外壁塗装では足場を組んだりマスキングをしたりしますが、それらの付帯工事も費用に含まれているかチェックします。特に明細が大雑把な業者の場合は確認することが大事です。